FC2ブログ

維持するということ

前回の記事で、武術はイレギュラーに対応できるかという、平時には問題とされないことを問題視する、と書きました。

これは言い換えるなら、武術は新しい能力を獲得したり、トロフィーを得るものではなく、命という既得権益を手放さないための努力といえます。勝ちたい、強くなりたい、ではなく死にたくない、という見ようによっては後ろ向きなモチベーションです。しかしその思いは副次的な欲求をはるかに上回ります。死んだらすべて終わりだからです。

いまある基盤を維持するということは個人、法人、国家、あらゆる存在にとって最重要事項です。夢を追う、事業拡大、そうしたアッパー志向のことをやろうとしても、土台がもろければ砂上の楼閣となります。
しかし、それは非常に価値をアピールしにくいもので、誰しも健康を失ってみるまで健康のありがたみが分からないように、命はあって当たり前という考えになっています。

中学生のときなら誰でも3kmくらいは体育で走らされていた。しかし、40歳近くなって今、走ろうとしても100mで息が上がります。しかし、ジョギングを趣味としている人は走り続けてきた結果として60歳、70歳でもフルマラソンを完走できます。それは、維持のための努力ありきの上でのことです。

企業で言うなら、今いる優秀な人材が流出、引き抜きに合わないように福利厚生や適切な評価、賞与などを出す、ということは、一見、黒字と直接関係なさそうですが、長い目で見れば会社自体の為になることです。
武術団体でも、まだ基盤がしっかりしていないのに支部を乱立した結果、質が下がり、また古参会員がおろそかに扱われているように感じて去っていく、というようなことが続くと潰れてしまいます。
新規入会者が一人はいることと、古参会員が一人抜けるのは数字の上では同じですが損失ははるかに大きいでしょう。まずしっかりとした維持ができて、後を任せられる人が育っていなければ組織の拡大はできません。

武術は合目的性、利方を追うものです。つまり黒字、メリットを得るだけでなく、赤字、デメリットを減らすことが大事です。太極拳は特に、積極的に勝つというよりは利を失わずにニュートラルであることを重んじます。自分がプラマイゼロで相手にマイナスがあるなら、時間がたつにつれ差は開いていきます。こちらが勝とうとしなくても相手が負けることになるからです。

こうした維持費に費用対効果を認める思考は、女性なら美容という概念で親しみがあると思います。保湿、スキンケア、基礎化粧品。こうしたものは、維持するための努力という点で武術に似ています。

新しいものを次々と手に入れ消費していく生活と、昔から持っているものを維持する生活。どちらを良しとするかは人それぞれです。
しかし、金継ぎした器や磨かれた古い木の廊下の光沢、そうした補修や維持のための努力を重ねてきたものは、後からお金を払っても手に入れることができません。それは一つの思想の結晶であり、その思想のない持ち主の手に渡り、手入れを怠られたなら、途端にただの古ぼけたものに変わるでしょう。

そしてそれがものであるなら、一生、新品だけを買い替えていけばいいでしょうが、自分自身であったなら、そうはいきません。命は一つしかありません。

常に自己を点検し、補い、修繕する。
してみると修業とは自分を痛めつけることではなく、大事に最後まで使い続けるという慈しみではないでしょうか。自分の至らぬ点を直視したり、それを直すことを苦にする人もいますが、お気に入りの器を金継ぎして綺麗に直していくとき、人はむしろ楽しさを感じるはずです。









コメント

非公開コメント